イーモバイル制限の種類

3日間1GBに要注意!

ワイモバイルは高速な回線です。しかもどこでも使えるのでついつい使いすぎてしまいます。ふと気が付くと低速になっている場合は、ほぼ間違いなく制限対象になっています。でもワイモバイルの規制にはいくつかの種類があります。

 

ワイモバイルLTEの制限

最新のワイモバイル端末は4GとLTEに対応しています。特に意識することはありませんが、エリアよって端末が自動的に切り替えています。どちらも速度はほとんど一緒です。

 

ワイモバイルLTEには2種類の規制があります。まずは月間10GBです。1ヶ月間に10GB以上ダウンロードしたら自動的に低速になります。月末まで解除されることはありません。有名なのはこの制限ですね。

 

でももう1つあります。それは24時間で366MBの制限です。100MBの動画を4つ視聴したら、もうアウトです。非常に厳しい規制ですね。ただ、翌日の2時には解除されるので、あまり意識しなくて良いでしょう。

 

ワイモバイル4Gの制限

最も厳しく、解除が困難なのが4Gの規制です。3日間で1GBの上限です。問題は直近3日間という点です。3日間合計で1GB以上通信した場合、次の日に解除されるとは限りません。

 

3日目に大量にダウンロードしていたら4日目、5日目も制限がかかります。6日目にまた使ったら、さらに規制は続きます。相当意識して節約しないと、制限のスパイラルに陥り、自動解除は絶望的です。

 

ワイモバイル3Gの制限

旧世代の端末は3G回線を使っています。こちらは24時間で366MBの制限です。LTEの片方と一緒ですね。翌日2時にすぐ解除されるので、古い端末のほうが使いやすいのです。

 

コンテンツの制限

ワイモバイル4Gはファイル形式やサイトへのアクセスも規制しています。例えばMPEG、AVI、MOVなどの動画ファイル。BMP、JPEG、GIFなどの画像ファイルをダウンロード(再生)できない場合があります。

 

さらにニコニコ動画やYoutubeのような高画質動画サイトへのアクセスも制限しています。はっきり言ってここまで使えないモバイルWiFiを使う意味などあるのでしょうか。私は制限なしのWiMAXに乗り換えて本当に良かったです。

 

>> WiMAXプロバイダの比較はこちら<<